読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お姉ちゃんでしょ。

小さいときによく言われたこの言葉。

「お姉ちゃんでしょ。」

自分で選んだ訳でもないのになんで...

って悔しくて泣いて八つ当たりしてた。

感情をうまくコントロール出来なくて、物を投げては叱られた。

今なら、怒りを作り笑いで誤魔化して平和に事を済ませるだろうに。

 

私の特等席だったママの膝の上。

いつの間にか、いつも譲ってた。

 

大きくなって、気づいた。

闇雲に怒っても、解決しない。

解決しない問題もあるってこと。

生まれてきた順番は変えようがない。

 

きっと、大切なのは、自分の役割を受け入れること。

お姉ちゃんだって、認めた時から、弟に優しくなれた。

 

今では遠いむかしの話。